どうしても一歩を踏み出せないあなたへ

コミュニケーション

成田と申します。コミュニケーションについて考察しています。基本的に本から得た知識を踏まえ、お伝えして参ります。一人の意見を述べても皆さんが使える知識にならないですからね。

この記事は以下の書籍を参考に書いています

逆境を突破する技術 「折れない心」を科学的に習得する極意 (サイエンス・アイ新書) [ 児玉 光雄 ]

価格:1,100円
(2020/10/31 12:13時点)
感想(0件)

今日こそ告白するぞ!と思ってから半年以上立ってしまっているあなた!気持ちはよくわかります。「直前まで準備すると。。。https://naritainodesu.com/2020/10/31/preparation/」でも書きましたがまず、完璧主義の可能性があります。で、今回の記事では不安にリソースを割きすぎているために行動出来なくなっているのではないか?という疑惑について解消していきましょう。

リソース過多

パソコンで、沢山のソフトを起動すると動きが遅くなりますよね。手伝いでも、皿洗いだけならできるけど、子供の相手をしながら洗濯機を回しつつ皿洗いをすると、いつものようにスムーズに行動出来なくなります。コレは子供に邪魔されなくても、洗濯機が洗濯完了のお知らせをして来なくても、気になるだけで行動は遅くなるのです。

不安というリソース

不安な気持ちになると、大きくリソースを削られます。その分作業効率が下がってしまうのです。だから、不安でいっぱいな状態で仕事や遊びに行っても上手くいかず、さらに不安が大きくなるという負の連鎖になってしまいます。これを避けるにはまず、不安を取り除かなければいけません。

不安はとりあえず見ない

不安を解消できれば最高ですが、そんなに簡単に解消できるものであればそもそも不安になっていません。なので、不安の気持ちを横に置いておきましょう。そうすることで、やっと効率よく不安の解消をしたり、作業に取り組むことができます。矛盾するようですが、行動に集中している時は不安を感じなくなるため、とにかく行動できる状態に持っていくことが重要です。でも、不安ってどうしても気になってしまいますよね。私は不安なことばかり考えて振り返れば1日無駄にしてしまったこともあります。

「やらない」は難しい

不安を横に置いておくのは結構難しいです。ハーバード大学のダニエル・ウェグナー博士によると「白クマのリバウンド効果」というものがあります。「白クマ」について考えないでください。というと、逆に「白クマ」のことを考え続けてしまうというものです。ダイエットで「今日はお菓子を食べないぞ!」と決意すると、お菓子のことを考え続けてしまい、普通の時よりお菓子を食べたくなってしまうのと同じですね。

不安を横に置いておく方法

不安を横に置いておくためには、不安なことを考えないことが重要です。なので、他のことに集中するように心がけます。瞑想するのが良いと言われており、リラックスして自分の呼吸に集中すると頭がスッキリして、その後集中して行動できる効果が発見されています(瞑想の効果は研究によって様々だそうですが)。また、時間を決めるという方法があります。「今では無く、3時間後に不安を考える」と決めると心がスッキリして不安以外に集中できるというもの。後は書き出す。という方法もあります。頭の中では漠然と不安が広がり、とても大きなものと感じられますが、紙に書いて視覚化することで不安が有限であることを実感できます。また、書き出すという行為自体が不安を「吐き出す」行為に繋がり、不安解消の一助となります。

今日告白する方法

・不安によってリソースが削られ、自分の能力が下がっていることを自覚する。

・瞑想する。

・不安は明日考えると決める。

・不安を書き出す。

・彼女を呼び出す。

・最高のパフォーマンスで自分の思いを伝える



コメント

タイトルとURLをコピーしました